袋帯のたたみ方

三美堂の袋帯のたたみ方

最初に断っておきますが、着付けの教科書の通りではないです。

今までの着物のたたみ方の解説記事(きもののたたみ方長じゅばんのたたみ方)もそうでしたが、婚礼美容師として着付けの仕事をしてきた美容師のたたみ方です。

また特に帯については、「柄を表側にしてたたむ」、「縫いどまりの位置で三角に折る」などと書かれた着付けの教本とは、まったく違うたたみ方になります。

ご参考までに。




①「て」を左にして、帯の裏を上にして、広げます。

②表は内側になるように、帯全体を二つに折ります。

③さらに二つ折りします。

④たとう紙に包みます。

着付けの教本などには、違うたたみ方や折り方が書かれているでしょう。

三美堂では、たたみじわができないように、また、帯の表が汚れたり日に焼けたりしないように、たたみます。

必ずしも教科書通りではないのは、人生も帯のたたみ方も同じですので、ご承知のほどを。
臨機応変にお考えいただけますよう、よろしくお願いしますね。




静岡駅から徒歩5分。美容室 三美堂のご予約方法

TEL/FAX 054-284-7038

営業時間:10時から18時
予約受付:平日17時まで
土曜:14:00まで
日曜・祝日:12:00まで)

定休日:毎週月曜(日曜・祝日 不定休あり 予約のお客様終了後、閉店時間が早まる事があります)

※ご予約は現在、お電話のみになっております。
おそれ入りますが、ネット・メールでのご予約は現在お受けしておりません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長じゅばんのたたみ方

きもののたたみ方

着物には「織り」と「染め」があります。

きものの各部の名称