きもののたたみ方

三美堂の着物のたたみかた

本だたみ(訪問着・紬・小紋そのほかフォーマルなきものなど)

「本だたみ」という着物のたたみ方を基本とした、美容師のたたみ方です。

必ずしも、着付けの教科書の通りではないかと思います。

手早く、かつ、丁寧に、場所を取らずにたたむように心がけていたら、このようなたたみ方になりました。

この方法でたたむと、市販の畳紙(たとう紙)などに、ぴったり収まります。
和ダンスの引き出しのサイズにもぴったりです。

ご参考までに。





①衿つけ(衿肩あき)を左にして、着物を広げます。
下前の脇の縫いめを内側に折ります。

②下前の衽(おくみ)と上前の衽の縫いめを折り返します。
③衿つけ(衿肩あき)の縫いめを内側に折ります。

④衿を二枚重ねます。
⑤下前の衽(おくみ)に上前の衽(おくみ)を重ね、そのまま衿も重ねます。
⑥衿肩あきの縫い目めを合わせます。

⑦脇の縫いめ(脇線)を二枚重ねます。
⑧背の縫いめを内側に折ります。
下前の脇線に揃えて、両袖まで重ねます。

⑨上に出ている左の袖の、袖つけの縫い目を上側に折り返します。

⑩下になっている右袖は、袖つけの縫い目を下側に折りたたむか、または、身頃を返してから袖を外側に折ります。

⑫裾を持って、身頃を内側に二つ折りします。(袖丈の長い場合:袖の長さに合わせて折る。)

⑬持ち運ぶために、一旦、コンパクトに折ります。

両端を持って・・・、

たとう紙の上にのせて・・・、

たとう紙の上で広げます。⑫の状態に戻します。

以下は、たとう紙で着物を包んでいきます。

こんな感じです。
大切なお着物なので、ヘンなしわがつかないように、たたんでいます。

最後までご覧いただきありがとうございました。





静岡駅から徒歩5分。美容室 三美堂のご予約方法

TEL/FAX 054-284-7038

営業時間:10時から18時
予約受付:平日17時まで
土曜:14:00まで
日曜・祝日:12:00まで)

定休日:毎週月曜(日曜・祝日 不定休あり 予約のお客様終了後、閉店時間が早まる事があります)

※ご予約は現在、お電話のみになっております。
おそれ入りますが、ネット・メールでのご予約は現在お受けしておりません。

本格的な着付けとヘアメイク。七五三のお仕度させていただきます

三歳のお嬢様のヘアも・・・

お着物に合わせて可愛く結い上げます。

7歳のお嬢様は・・・

ご本人のご希望に沿いながら、お嬢様の個性をお出しするお手伝いをさせていただきます。

↓前年度のお仕度です。

お一人お一人の個性をお出しして、仕上げました。

 

View this post on Instagram

 

美容室 三美堂さん(@sanbidosan)がシェアした投稿

平日限定。アクセス便利なJR静岡駅すぐ近くの美容室で新郎新婦のお仕度

たとえば、

神社でご祈祷だけ、

花嫁花婿の写真撮影のみ、

身内やごく親しい人のみご招待のシンプルなウエディングがしたい、

・・・というお二人に向けて、三美堂ならではのご提案です。

小規模ウエディングを選択されるカップルに最適なご提案

  • 本格的な着付け(美容室が所有する本物の打掛をお貸出し可能) 
  • 花嫁ご本人の髪の毛で和洋のヘアアレンジ(べっこう、さんご、真珠の花嫁かんざしをお貸し出し可能⇒花嫁かんざしの詳細はコチラのページです
  • アクセス便利な美容室(静岡駅すぐ近く)でお仕度

※平日限定(応相談)


 まずはお電話ください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長じゅばんのたたみ方

きものの各部の名称

着物には「織り」と「染め」があります。

袋帯のたたみ方